ノスタルジックなガラスの器で ~ヴィンテージガラス その①~ | Omas Garten Tokyo/Hamburg

2021/07/30 13:38

ガラスの器は年中活躍しますが、清涼感を感じるのでやっぱり夏の食卓に使いたくなりますね。

今年オマズのスタッフに一番人気だった器は、縁に丸い粒々がついた無色のレトロなガラスボウル。



目利きのバイヤーがドイツのアンティークショップで買い付けてきたもので、推定年代は70年~80年頃、メーカー不明のブロカントのものです。

ありそうであまり見ないデザインで、玉の縁取りがキラキラして可愛い。

器には厚みがあり安定感を感じます。

小さなボウルは直径12cmと手の平サイズで、ゼリーやアイスクリームなどにぴったり。

中サイズのボウルは直径16cmで軽くサラダやお惣菜を盛るのにちょうどよく、2〜3人用の大サラダボウルもあります。



こちらはノスタルジックなコーヒーゼリーのレシピ。お菓子の先生でもある東京店長が教えてくれました。

コーンスターチを入れたのでもちもちの食感になるんだそう。

ぜひ夏の思い出に作られてみてくださいね!




コーヒーゼリーのレシピ~

・水500ml
・インスタントコーヒー15gくらいお好みの濃さで)
・砂糖 40-50gこちらもお好みで)
・コーンスターチ 5g
・ゼラチン 10g

分量外の水に溶かしたコーンスターチを水に入れ、インスタントコーヒーをいれて溶かす。
火にかけて、沸騰直前まで温める。
ゼラチンを入れてよく混ぜる。
バットに流し入れて冷蔵庫で2-3時間冷やし固める。


コーンスターチは入れなくても出来上がります。

バットではなく個別の容器に入れて冷やし固めても大丈夫。

仕上げにアイスクリームや、生クリームをかけてお召し上がりください。


食卓を彩るヨーロッパのガラス製品、ヴィンテージガラスならではのノスタルジックさがいいですね。

日本の暑い夏の夕方。

涼しい風を感じられるようになった時刻に手作りのコーヒーゼリーがあれば家族みんなが笑顔に。

皆さまも、少しでも涼を感じながらゆったりと夏をお過ごしください。


(ドイツスタッフ K)