若葉の季節のティータイムとルバーブ | Omas Garten Tokyo/Hamburg

2021/05/10 21:04

八重桜も見ごろを迎え、北ドイツもようやく爽やかな新緑の季節に入りました。

こちらではいちごの季節がスタートする前の4月から5月にかけてルバーブが穫れます。


ルバーブRhabarber西洋大黄のことでフキのような長い植物。

葉っぱは食べられず、根っこは漢方薬として使われるので、茎の長い部分だけがお店で手に入ります。

お味はとても酸味がありそれだけでは食べられないので、砂糖や他の甘いフルーツを混ぜてケーキやクランブルにすることが多く、ジャムにして自家製保存食にも。




今はベーカリーやカフェでもバターたっぷりのクランブルやケーキにフレッシュなルバーブが使われる時期。

例年、今頃にはカフェのテラス席に座って日の光を浴びながら、のんびりと家族や友人とカフェタイムを過ごしていたものですが、今年はおうちカフェで楽しんでいます。

手作りスイーツとお気に入りのヴィンテージ食器で爽やかなティータイムを。



ルバーブは瓶詰のジャムならヨーロッパからのお土産にされても、輸入食品店なら日本にいながらも手に入るかもしれませんね。

若葉の頃を思い出す甘酸っぱいヨーロッパの味。

いつかご機会がございましたらこちらも探されてみてください。